パーマロイ・磁気シールド・磁界測定 ・
熱処理・磁場キャンセラーの株式会社オータマ

◆新型コロナウィルス感染症対応について◆

プレスリリース|EVモータ試験設備を発表202006_e-motorchamber

TOP > ニュースリリース > EVモータ試験設備をシステム施工から試験、フォローまでオータマグループがトータルに展開

EVモータ試験設備「e-MotorChamber」をシステム施工から試験、フォローまで
オータマグループがトータルに展開

株式会社オータマ(本社:東京都稲城市、代表取締役:奥村哲也)は、需要の⾼まるEVモータのEMC評価システム「e-MotorChamber」の販売および同システムを⽤いた試験 関連サービスをトータルパッケージで発表いたします。単なるシステム販売だけに留まらず、子会社の株式会社e・オータマの電波暗室を改造したデモシステムを使ってのEMC試験の実施、試験員の教育、システム納⼊後のアフターフォロー、また株式会社オータマ校正サービスによる測定機器の校正に至るまで、オータマグループ各社が密接に連携して展開してまいります。

e-MotorChamber」システム(電波暗室を含む)の納⼊価格は4億円程度、年間の売上台数⽬標は4台を予定しています。

 

市場背景

地球環境への懸念から、欧州や中国では2040年までのEV化を目標にするなど、燃料車からEV、HV、PHVへのシフトは加速しています。自動車の総販売台数1.3億台が見込まれる2040年には、燃料車とPV・HV車の販売比率が50%ずつになるというマーケット予想も現実味を帯びてきました(「pwc Japan ⾃動⾞の将来動向」より)。

そんな中、⾞載機器もEV、HV、PHVへの対応が急激に進み、EV試験の市場規模は今後10年~20年で現状の5~20倍という急速な拡大が予想されていますが、高圧電源を使用する部品を測定できる試験所は世界的にも非常に少ないのが現状です。

e-MotorChamber」の完成により、e・オータマは日本でも数少ない高圧電源のEVモータ試験に対応可能な試験所となり、大手車載部品メーカーの厳しい仕様にも余裕を持って応えることができるようになります。

 

システム概要

■名称:e-MotorChamber

e-MotorChamberイメージ       ※イラストはイメージです

 

■特長
1.ロングシャフトが可能にしたシンプル構造

・「e-MotorChamber」システムは、独⾃開発の技術によって供試品とダイナモメータをロングシャフト1本のみで接続したシンプルな構造で、20 000rpm以上の⾼速回転と⾼トルクをダイレクトに伝達。EVモータのEMC試験や評価には⽋かせない⾼出⼒・⾼回転のダイナモメータであらゆる仕様をカバーします。


・暗室内の吸収体から供試品までの距離1メートル以上を余裕で確保できることで、国際規格ISO11452-2やCISPR25に準拠した試験が可能です。また、暗室外にダイナモメータを設置することにより、再現性の高い測定を実現しています。


・このシステムを使⽤したEMC試験のご提供は、e・オータマ富⼠松試験所(愛知県刈⾕市)の「e-MotorChamber」デモ設備にて、2020年9⽉より開始予定です。

 

2.システムのカスタマイズ販売、既存暗室の改造も可能

・本システムは、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ販売が可能で、ダイナモメータが最大25 000rpm / 最大800 Nm、バッテリーシミュレータが最大1 000 V / 最大1 000 Aまで拡張できるため、従来のガソリン車に比べて高回転化している電気自動車やハイブリッド自動車のEVモータであっても、最高水準のEMC試験を実現できます。


・既存暗室を生かした改造も可能です。

 

3.グループのシナジー効果で広範囲のサポートを可能に

・オンリーワンの磁気シールドメーカーのオータマ

・国内トップクラスのEMC試験所であるe・オータマ

・A2LA認定の校正機関オータマ校正サービス


以上、3社のグループ力を結集し、販売から試験サービス全般に至る広範囲のビジネスを市場に合わせて強力に進めていく予定です。

 

スペック

  デモ設備(当社富士松試験所) カスタマイズ用
ダイナモメータ 20 000 rpm / 350 Nm 最大25 000 rpm / 最大800 Nm
バッテリーシミュレータ DC700 V / 600 A 最大1 000 V / 最大1 000 A

 

 

対応試験規格

増床部:磁気シールド室組み立てエリア
CISPR 25 ed. 4 : 2016 のセットアップ図(イメージ)

e・オータマ 東海EMCセンター 富士松試験所の対応試験規格

以下の規格については、試験実施時にモーターシャフトを
使用することが求められています。

・ISO 11452-2 : 2019
・ISO 11452-4 : 2020
・CISPR 25 ed. 4 : 2016
・自動車メーカー規格

関連リンク

株式会社e・オータマ
e・オータマ 東海EMCセンターアクセス
オータマ校正サービス株式会社

本件についてのお問い合わせ

株式会社e・オータマ 営業部
TEL:0566-62-9241
TEL:044-980-2050
E-mail:e-MotorChamber@e-ohtama.jp

pagetop