パーマロイ・磁気シールド・磁界測定 ・熱処理・磁場キャンセラーの株式会社オータマ

センサーコア・ヨークsensor

TOP > 製品紹介 > センサーコア・ヨーク

シールドとコア

磁気シールドと磁気コアは表裏一体の関係にあります。

パーマロイは磁気を通しやすい性質を持っており、この性質を用いて磁気が悪影響をおよぼしている部分から磁気を集め、影響のないところに誘導すると、それは磁気シールドになります。一方で微弱な磁気信号を大きくとらえるために用いると、それは磁気コアになります。

電流センサー(クランプコア)

電流と磁気の関係について電磁気学の教科書を読んでみると、磁界の変動が電流を生み出し(レンツの法則)、電流が磁界を生み出す(アンペールの法則)という密接な関係が書いてあります。

この関係をうまく利用して電流測定を行う技術があります。電流のクランプメーターがその代表的な例で、高感度が要求されるクランプメーターの中にはパーマロイコアが使われているものがあります。

CT(変流器)コア

変流器(current transformer)は電流値を上げたり下げたりする機器で、一次側の大き過ぎる電流を二次側で小さく扱いやすい程度に下げる場合などに有効です。電圧の上げ下げに変圧器を用いるのと似ています。

やはり高感度なCTには、パーマロイコアが使われているものがあります。

ソリューション・事例を見る
パーマロイとはのページ見る
技術情報を見る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちらから。

 

042-377-4311

ホームページからのお問い合わせ

 

お問い合わせフォーム

pagetop