パーマロイ・磁気シールド・磁界測定 ・熱処理・磁場キャンセラーの株式会社オータマ

代表挨拶・企業理念greeting

TOP > 企業情報 > 代表挨拶・企業理念

ごあいさつ

磁気応用科学分野の礎として人類の未来のために貢献する企業へ

当社は大多摩金属工業として多摩川の畔に1964年に創業して以来、高透磁率軟磁性材料(パーマロイ等)の加工熱処理専業メーカーとして運営してまいりました。

透磁率を高めるためには、高度な熱処理技術(磁性焼鈍)が重要なポイントであり、熱処理と加工工程の手順の組合せが磁気特性に大きな影響を与えます。当社は独自に熱処理炉の改良を重ねながら、日本でトップクラスの技術力で適切な磁気特性を持った製品を供給し続けるべく研鑽を積んでまいりました。

微弱な磁気を応用した技術は新しい科学の発展には欠かせないものです。当社は高透磁率軟磁性材料を用いた製品の「加工技術」「熱処理技術」「性能設計技術」の3つを持った国内唯一の企業であるという自負とともに、磁気応用科学分野の発展をサポートするという使命を果たしたいと考えております。

そのため従来品の磁気シールド・集磁能力の技術向上はもちろん、従来技術を凌駕するような新しい製品・技術開発に専念し、世界の微弱磁気制御技術の発展のために提案型未来志向企業に脱皮すべく全社をあげて取り組んでおります。

今後もユーザーの要望に応えるべく日々改善を行うことはもちろん、ユーザーの価値創造を縁の下から支えるパートナーとして、さらなる企業の発展と社会への貢献に努めてまいりますので、相変わらぬご支援とご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

追記)

関連会社である株式会社e・オータマは、FCC、VCCI、CEマーキング等の電磁波規制業界トップクラスの規模と技術力を誇り、オータマ持つ低周波技術とプラスして高周波分野でも総合的にユーザーへサービスが提供できるよう心がけております。

株式会社オータマ

代表取締役 奥村 哲也

オータマスピリット

打つ手は高く、頭(こうべ)は低く

(創業者 五十嵐耕司の言葉)

高い理想を掲げ、常に高い視点から広く物事をとらえ、高次元から判断をし、難題にチャレンジし続けること。しかしながら、たとえ商売が上手くいっても驕り高ぶらず、謙虚な姿勢を愚直に貫くこと。社会が求めるもの、世の中の役に立つものを作ることに挑み続けることこそが我々の使命。

創業者 五十嵐耕司の座右の銘

和

「和を以て貴しとなす」

自分にも人にも正直に、不満があればお互いにそれをぶつけ合い、理解し合って、みんなで一緒に事をなす。

挑戦

「疾風に勁草(けいそう)を知る」

人間の価値は困難な状況に立ったときに初めて表れる。

謙虚

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

磁気シールドNO.1企業になった今も奢らず謙虚に行動する。

誠実

「事を遂げる者は、愚直でなければならぬ。才走っては上手く行かない」

真面目に誠実に正直に一歩ずつなすべきことをなす。

pagetop